離婚、親の危篤に呼ばれる。

とても仲の良いいとこがおり、父親が浮気したことで弁護士を仲介に立てて離婚、母親が親権をとり、家を出ました。
はじめはかなり気落ちしていましたが、もともと朝早くから夜遅くまで仕事をしていた
(今となってはその幾日かは浮気だったのでしょうが・・・)父親には、別れ難くてつらすぎる、
というほどの気持ちまでもはなかったようで、ゆるやかに母子家庭の生活が始まりました。

いとことは仲がよく、大きくなってからもかなり親しく付き合っていましたが、ある日、父親の
浮気相手から連絡が入り、父親の危篤だから顔を出してほしい、と言われたそうです。

いとこは会いに行くことをかなり悩んでいました。
子供心に浮気に全く気づいていなかったため、父親はたまに遊んでくれたことが良い思い出として
残っているぼんやりとした存在として位置づけていたため、再びあったり、死ということについて
全く実感がなかったようです。

結局、きちんと母親に相談して顔を見せに行きました。
別人のようにやせ細った父の横にいた、自分の母親とは全く異なるタイプの女性。
何もかも実感がわかない30分ほどの面会に、いとこはひと月以上心ここにあらずで過ごしていました。
離婚というものが子供に与える影響は強すぎます。見ていてこちらの心が痛みました。